まっすぐな君の可能性に賭けたい

先輩社員紹介

テーブルコーディネートから空間デザインへ 常に新しいデザインを提案したい/パーティークリエーション事業 eggs wedding solution ディレクター 小野 真理
質問.1 仕事のやりがい

 前職はアパレルでモノづくりに携わり、この経験とスキルを活かせる仕事がしたいと思い、WSGに入社しました。現在はeggs wedding solutionに所属し、コーディネーターとしてBtoB顧客向けにテーブルコーディネートや空間デザイン提案を行っています。この仕事のやりがいは、作品を創ることではなく、お客様にとって「ソリューション(問題解決)」となる企画を提案することです。

 私たちeggsは、コーディネーターが単独で案件を請負っているわけではなく、パーティークリエーションの営業が受け持つ案件がベースとなります。クライアントの期待を越えた付加価値のある提案をチームで創り上げていくので、自分自身のスキルアップはもちろん、営業とのチームワークもとても大切です。

 eggsのコーディネーターとして包括的にブライダル業界に携わっていると、新郎新婦や法人顧客のニーズの変化をより顕著に感じることが出来ます。昨今のブライダル業界においては、世界観やコンセプト、ストーリーなどが一層重視されるようになり、WSGの提案もまた、卓上を中心とした「テーブルコーディネート」から、ファニチャー(家具)やタペストリー(壁掛け)など、より立体的な『空間全体のデザイン』へと遷移してきました。潜在的なニーズを汲み取り、どこよりも早く新たな提案で応えられるよう、トレンド情報の収集や、自分の感性を高める為の勉強を行うことも、コーディネーターとして重要な仕事の一つです。私自身、プライベートでも食やデザインに関するものが大好きなので、休みの日には話題になっているお店に行ったり、趣味についてのセミナーに参加したりして、多くのモノや人に出会うこともまた、コーディネーターとしての仕事の糧になっているように思います。

質問.2 心に残ったエピソード

 あるクライアントの施設改装案件を請負った時の、お客様の言葉が心に残っています。その改装はクライアントの社運を賭けた大規模なプロジェクトで、複数あるバンケットの全コーディネートプランのリニューアルを監修するというものでした。数十にのぼるコーディネート提案を一度に創り上げるのも初めての経験だったので、私自身にも不安がありました。

 WSGの提案するコーディネートは施設の可能性を最大限に引き出し、見学に訪れた新郎新婦がコーディネートを選べることに価値を感じてもらえることが大切です。同時にクライアントに対しては、収益最適化やブランディング、現場オペレーションの効率化など、多角的なソリューションを提供できるよう、eggsのメンバーや営業の仲間達と連日に渡り意見を出し合い、提案のブラッシュアップを続けました。

 そして約1年かけてプロジェクトは無事終了し、全てのプランの導入が完了しました。後日営業担当がフォローアップのためクライアントを尋ねたところ、「プロのコーディネーターが、コーディネートの組み立てと提案の道筋をしっかり作ってくれたので、現場スタッフがスムーズにコーディネートを提案できるようになった。また、新郎新婦からのイレギュラーのご要望にもプランナー自身で提案できる力がついた。」という嬉しい言葉を頂いたのです。

 コーディネートを気に入って頂けただけでなく、今回の提案がオペレーションやスタッフのスキルにも影響を与えることが出来たということが、「お客様にとってのソリューションを提供する」という目的の達成を実感できた瞬間でした。重責を担い、トライ&エラーを繰り返す日々でしたが、この案件はコーディネートのプロフェッショナルとして働いていく上で、私にとって大変大きな自信となりました。

質問.3 座右の銘
初心忘るべからず

CORPORATES
パーティーアイテムカタログ
パーティーアイテム紹介
パーティークリエーションサービス
全国のショールーム
ホテル・式場のみなさまへ
INDIVIDUALS
パーティーアイテムカタログ
全国のショールーム
WEDDING
LE CIEL BLANC
RIVAGE BLANC
THE GEORGIAN TERRACE
CONTACT
事業所一覧
お問い合わせ