まっすぐな君の可能性に賭けたい

先輩社員紹介

より強いチーム作りで、一番幸せな結婚式を提供したい/クラシカチーフ アシスタントマネージャー 青木 昌栄
質問.1 仕事のやりがい

 私は現在、大阪 梅田にある結婚式場クラシカで、アシスタントマネージャーとして働いています。アシスタントマネージャーとは、プランナーのリーダーとして、後輩プランナーの育成を行うとともに、マネージャーのサポート役として数字管理などの広い視野を求められる仕事です。私にとってこの仕事のやりがいは、特に後輩の成果・成長を実感できた時に得られる喜びだと思っています。

 しかし、アシスタントマネージャーになったばかりの頃は、後輩の育成よりも目標達成へのこだわりが強く、「アシスタントマネージャーなのだから自分がクラシカを成功させなければ」と一人で気負っていました。そのような気持ちで仕事に取り組んでいた為、チームに一体感がなく、目指すべき方向性も見失っていました。

 そんな状況の中にいた私に、チームが一丸となって仕事をすることの大切さを気付かせてくれたのが、今の上司と仲間達です。後輩を育成し、チーム全体でレベルアップしていくことで、営業成績はもちろん、新郎新婦に心から喜んで頂き、ゲストにも満足度の高い一日を提供できるということに気が付いたのです。それからは、自然と自分の行動も「チームの為に出来ることは何か」 を意識したものに変化していきました。

 現在は、これまで以上に後輩から様々な相談をうけるようになり、その都度的確なアドバイスが出来るよう“尊敬する上司であればどのように考えるのだろう”と意識するようにしています。自分自身やチームが変化していくことで、初めて経験することも増えますし、乗り越えるべき課題も変わっていきますが、それをひとつひとつクリアしていくことが、自身の成長にもつながっているように感じています。

質問.2 心に残ったエピソード

 ある日、上司に言われてハッとした言葉がありました。
「お客様から成約を頂いた時、プランナーからは「ありがとう」と言われるのに、なぜサービススタッフや調理スタッフからは「おめでとう」と言われるか、不思議に思ったことはない?」と。その時初めて、「おめでとう」という言葉に距離を感じ、「ご成約一件の重み」を全員が共有できていなかったことに気が付きました。そして同時に、上司の考えるチームは全員が同じ方向を向いていることなのだと深く理解することが出来ました。

 上司の熱い想いは徐々にチームの中にも浸透していき、プランナーだけでなく、サービススタッフや調理スタッフなど他部門も巻き込んでお客様のために各自が出来ることは何か、何度もミーティングを重ねました。今では話し合いの場を持たなくても、お互いに気付いたことを伝えあえる風通しの良い雰囲気も生まれてきました。そしてついに、ご成約を頂いた際、サービススタッフから「ありがとう」と言われる日が来たのです。同じ目標へ向かっていることを確信し、心から感動した瞬間でした。

 私は「WSGのサービス・会場・スタッフが一番お客様を幸せに出来る」と確信しています。その確信は、アシスタントマネージャーになってからより強くなりましたし、この想いをもっとチームのみんなと共有していくため、次なる目標としてマネージャーを目指したいと思っています。これまで「マネージャーなんて自分にはできない」と勝手に決めつけてあきらめていましたが、一歩踏み出そうと思わせてくれたのはこのチームがあったからです。支えてもらっている分、それ以上に後輩の成長に貢献できる人間になりたいと思っています。

質問.3 座右の銘
天才は努力する者に勝てず、努力する者は楽しむ者に勝てない

CORPORATES
パーティーアイテムカタログ
パーティーアイテム紹介
パーティークリエーションサービス
全国のショールーム
ホテル・式場のみなさまへ
INDIVIDUALS
パーティーアイテムカタログ
全国のショールーム
WEDDING
LE CIEL BLANC
RIVAGE BLANC
THE GEORGIAN TERRACE
CONTACT
事業所一覧
お問い合わせ